RSS Feed

ブランクに負けず新たな一歩を

ブランク中の資格制度の変更

25/03/2017

介護の業界では、仕事を始めるにあたり資格を取得しておかなければならない職業が多い。介護福祉士など、介護業務に従事する職業の資格がある。

介護サービスの需要増加と共に、業界は急速に変化している。介護を必要としている人たちからのニーズに対し、介護業界は応える必要がある。
ここで問題となるのが、介護の資格制度の変化である。新しい資格が登場する一方で、従来の資格制度が一本化により廃止されるケースも多い。すると、介護職のブランクから再び仕事を始めようとしている人にとって、保有している資格が有効であるかが気になることだろう。

この場合、制度上では廃止される資格でも、介護の仕事を行う権限は継続する。そのため、かつて修得した資格を活かし、再び介護職で働くことが可能である。ただし、介護の資格制度は今後も変化する可能性は否定できない。そのため、資格制度の動向については、常にチェックしておきたいところだ。

またブランクから復帰し、再び介護の仕事を始める予定であえるならば、キャリアアップにつながる介護職の資格に挑戦するのも方法である。まだ仕事を始める前の時間に余裕がある期間であるなら、資格試験のための勉強のため、多くの時間が割当てられる。いざ介護の仕事で働き始めると、勉強と仕事との両立が難しい。そこで、仕事のブランクを取り戻す意味でも、職場に復帰する前に資格の現状について確認を行い、新しい介護資格の取得にチャレンジする効果は大きい。

No Comments Yet

You can be the first to comment!

Leave a comment