RSS Feed

ブランクに負けず新たな一歩を

ブランクに不安がある場合でも対応可能

21/03/2017

特定のスキルを必要とする職業では、職務経歴にブランクがあることで職場に復帰する事が不安になる事がある。そのため、職場復帰に対して積極的な行動をとれず、再就職を諦めてしまう方が多いのが現状だろう。

ところが、介護関連の職種ならば離職期間に対して過剰な心配をする必要もなく、習得した介護スキルを再確認しながら仕事に従事する事ができる。これは介護分野の仕事では、再就職を支援する各種のサポート体制が完備されているためだ。
介護分野は人手不足の状況が継続しており、その結果として離職者を防ぐ為に働きやすい環境を整備している。なおかつ介護に関連する事業者の多くが、一旦職場を離れた方が職場復帰しやすい仕組みを作り上げているのだ。
従って、既存のスキルを再確認しながら職場に順応できるようになっているといえるだろう。

具体的には、パート勤務等でベテランスタッフのサポートを経験し、スキルの回復が実感できた段階で正社員として働き始めるケースがある。ブランクがある方でも介護職を経験した事が無い方に比べ基本スキルを習得するペースは早いため、雇用側にとっても人員を育成する上で大きな利点となる。
また、大手の介護関連の企業では人員の育成にも励んでいる事から、職場でのスキルの向上を目的とした各種の研修が受けられるようになっている。研修には初心者に向けた基礎的な内容のものも多く、職歴に一定期間のブランクがある場合にはスキルを再確認するという目的で活用することができるだろう。

このように、ブランクがあっても働くことは可能だ。
さて、ここを読んで少しでも不安を和らげることはできただろうか。
もしブランクがあっても働きたいと少しでも思うのであれば、下記のサイトを読んでみたらいい。介護業界の現状や復職に向けた準備など、知っておくと役立つことが書かれている。それを読んで復職への不安が取り除かれることを願っている。
関連サイト>>>ブランクからの介護士復職

No Comments Yet

You can be the first to comment!

Leave a comment